東海プラントエンジニアリング株式会社

文字サイズの変更

  • 小
  • 中
  • 大

spmenu

会社情報

会社情報

HOME > 会社情報 > 沿革

沿革

1943年 ㈱東海組(資本金10万円)として名古屋市港区入船町に設立し、日本発送電㈱名古屋火力発電所における石炭荷役等に従事。
1948年 社名を東海運輸興業㈱と改称。
名古屋火力発電所、名港火力発電所の土木建設工事、作業請負工事を開始。
1951年 社名を東海興業㈱に改称。
中部電力㈱様名古屋・名港両火力発電所内で各種配管・製缶工事に従事。
1955年 本社及び工場を名古屋市南区南陽通り6丁目1番地に建設。
日本碍子㈱(現日本ガイシ㈱様)と取引を開始。
1961年 港工場を名古屋市港区潮凪町に建設、移転。
1962年 東海製鐡㈱(現日本製鉄㈱名古屋製鉄所様)構内に知多出張所を開設。同社より動力地区機械関係修理工事請負業者の指定を受ける。
1964年 名古屋中小企業投資育成㈱様から、建設業としては、全国初の投資対象企業の指定を受ける。
1967年 東海製鐡㈱№1タ-ビン発電機定期修理工事完成(自力検定1号)。
岡本太郎画伯デザインの「若い太陽」の製作据付工事を受注。
1968年 創立25周年。記念式典を挙行。資本金を1億円に増資。
1969年 富士製鐵㈱(現日本製鉄㈱様)大分製鐵所新設に伴い大分事業所を設置。
日本万国博覧会の会場にて、「太陽の塔」内の「生命の樹」据付工事完成。
1971年 社名を東海プラントエンジニアリング株式会社と改称。
1972年 新日本製鐵㈱(現日本製鉄㈱様)大分製鐵所より動力地区整備作業業者の指定を受ける。
1973年 サングレイン㈱(現サントリー知多蒸溜所㈱様)の建設工事に従事し、作業所(現出張所)を開設。
1975年 資本金を1.8億円に増資。
1979年 アイトー㈱知多工場(現サンエイ糖化㈱様)に作業所(現出張所)を開設。
1981年 本社新社屋が竣工。
1982年 初の大型輸出品(中国上海宝山製鉄所向け集塵設備17基)を納入。
1989年 電着塗装装置の特許を取得し、販売を開始。
1993年 創立50周年。記念式典を挙行。
2000年 大分事業所 ISO9001取得。
知多事業所 ISO9001取得。
2003年 本社 ISO9001取得。
2008年 柴田寮(社員独身寮)が竣工。
2010年 本社新館が竣工。
2011年 資本金を2億円に増資。
2016年 ㈱ミヤザキテックをグループ化。
2018年 創立75周年。記念式典を挙行。
2021年 知多工場を大府市共和町に建設、港工場を移転。
㈱ミヤザキテック内に、関東出張所を開設。